*

ユーブライドの婚活の流れは?

公開日: : 最終更新日:2014/10/17 ユーブライド

youbride-2

お見合いサイトユーブライドへの会員登録は無料で、
公式サイトの会員登録フォームから
手続きを行うことが出来ます。

お見合いサイトの登録が終わると、
他の会員に自分をアピールするための
プロフィールを入力します。

この時に、メイン写真やサブ写真を
お見合いサイトに掲載することが出来ます。

メイン写真は顔写真を1枚だけ、
サブ写真は自分の写真以外にも趣味やペットの写真など
10枚も掲載することが出来るんです。

ちなみに、お見合いサイトユーブライドの調査によると、
プロフィール写真を掲載すると注目度が3倍以上も
アップすることが分かっています。

お見合いを成立させるためにも、
自身の雰囲気をもっともわかりやすい写真で
アピールすることは大切ですよね。

次に、免許証や保険証などの身分証明書の
コピーを提出して年齢確認の手続きを行います。

そしたら、お見合い相手の希望条件、お互いの条件、
感性や価値観などでお見合い相手探しを行うことが出来ます。

希望条件でお見合い相手探しを行うなら
お見合いサイトの「会員検索」を賢く利用しましょう。

最大で30の条件を設定して
お見合い相手探しを行うことが出来ます。

さらに、マッチングメールを設定しておくと、
自分の希望条件に合った人がお見合いサイトに会員登録した時に、
出来るだけ早めにアプローチをかけやすくなります。

お互いの条件が合う会員を探すなら、
「今日のベストマッチ」を利用しましょう。

お互いの希望条件がマッチしている
お見合い相手の紹介を受けることが出来ます。

感性や価値観でお見合い相手を探すなら、
日記やつぶやきを活用しましょう。

プロフィールには書ききれない自身のことをお見合い相手に
知ってもらうことも、プロフィールでは分からない
相手の一面を見ることができます。

通常のつぶやきと同じように、
共感できた場合には「いいね!」を押すことも出来ます。

気になる会員さんを見つけたら、
メッセージを送りましょう。

メッセージの内容には、相手のプロフィールにある共通点や
興味などを含めてみると、
相手からも興味を持ってもらいやすくなります。

もし相手からのアプローチやお見合いをお断りしたい場合には、
お見合いサイトユーブライドが「ごめんなさいメッセージ」を
通して相手にお断りしてくれます。

ちなみに、メッセージの送信には
有料プランに会員登録する必要があります。

お互いの気持ちが一致して実際に会ってみたいと
思う会員さんがいればデートをします。

特に昼間のカフェやレストランなどでのデートは、
明るい雰囲気で人気があるようです。

ゆったりと時間の取れるお互いの休日に
お見合いのセッティングするのが良いかも知れませんね。

そして、デートで相手との交際が決まったら
休会してお見合いサイトのプロフィールを非公開にしましょう。

休会は退会とは違って、
会員であり続けながらお休みを取ることが出来ます。

交際を経て結婚が決まった場合には、
2人でお見合いサイトユーブライドを退会してください。

2011030417404357312【会員累計100万人】
ライブドア運営の信頼度の高いマッチングサイト。
チャット形式でほぼリアルタイムでのやり取りができる。値段もお手ごろなので始めやすい。

→「ユーブライド」詳細

おすすめ婚活最新資料請求

結婚相談所比較ネット
結婚サービス比較.com


婚活一括資料請求の注意点

一括請求は当サイトでもおすすめしている「楽天オーネット」「パートナーエージェント」「サンマリエ」「ツヴァイ」などの大手結婚相談所の資料をを一挙に取り寄せられますが、

・資料請求すると勧誘は?

・12社分もいらない・・・

といった疑問があるかと思います。そんな方の為の「注意事項はこちら」  

関連記事

youbride2

最大級の会員数!ユーブライドの実績は?

ユーブライドは、毎年1500組以上の カップルが誕生している実績のあるネット婚活です。 実は

記事を読む

header

ユーブライドの安心や安全への配慮とは?

婚活サイトを利用する際に、SNSや出会い系サイトのように なりすまし、嫌がらせなどのトラブルがない

記事を読む

youbride-6

ユーブライドでは、3ヶ月の短期間婚活も可能?

婚活サイトユーブライドは、会員登録の際の入会金や 結婚が決まった時の成婚料などの料金はかかりません

記事を読む

youbride-620x362

ユーブライドは、再婚を考えている方でも安心できるサイト?

結婚紹介所ユーブライドは、再婚を考えている方でも 安心して利用することが出来ます。 離婚経

記事を読む

PAGE TOP ↑